MENU
2022.8.26

小川糸

懐かしい風景から、この映画が始まりました。紅花の種を蒔き、育て、花を摘み、また種を採る。手から手へと託される美しい巡りに、ため息しかこぼれません。紅花を守る人々の尊い仕事に、心からの敬意を表します。

«